なるほどですね

日々の「なるほど」やブログ運営の「なるほど」をカジュアルに紹介するブログ。

Googleアナリティクスの(not provided)が多くて困ったのでその意味と対策

Googleアナリティクスの(not provided)とは

Googleアナリティクスでオーガニック検索の分析結果を確認すると、(not provided)というキーワードが約半数の割合を占めている状況でした。
調べてみると、検索ユーザーのプライバシー保護を目的にGoogleが検索の暗号化を実施しており、そのため「(not provided)=検索キーワード不明」となってしまうことが分かりました。
理由は分かったけれどもそれでは困る。というわけで次にいってみましょう。

 

 

そもそもオーガニック検索とは

オーガニック検索は自然検索とも言い、検索エンジンの広告枠を除いた部分のことで、ユーザーが文字通り自然に検索したものを指します。
オーガニック検索の大部分が「(not provided)=検索キーワード不明」だと、どのようなキーワードを検索してブログに訪問してきたのか分かりません。
(not provided)の正体をはっきりさせることができれば、自然検索の傾向を正しく知りブログの運営に役立てていくことができます。

 

オーガニック検索の(not provided)を対策する

(not provided)の対策としていくつか方法があるようですが、ここでは実際に試してみた方法を紹介します。

 

アナリティクスとウェブマスターツールを連携させる

Googleのアナリティクスとウェブマスターツールの2つをリンクさせることで、検索クエリを確認できるようになります。リンクの方法は以下のヘルプに詳細が記載されています。


ウェブマスター ツールのデータに Google アナリティクスからアクセスする - ウェブマスター ツール ヘルプ

 連携した後は、それぞのサービスから以下の手順で確認可能です。

 

アナリティクスで確認する方法

「集客」>「検索エンジン最適化」>「検索クエリ」で確認できます

 

ウェブマスターツールで確認する方法

「検索トラフィック」>「検索クエリ」で確認できます

 

また、アナリティクスとウェブマスターツールを連携する場合はどちらも同じアカウントでなければならいので、複数アカウントを使っている方は注意してください。

 

おまけ:はてなブログウェブマスターツールを登録する方法

ウェブマスターツールでサイトを追加した際に、登録したサイトの所有権が確認されます。はてなブログの場合、デフォルトで表示されている「おすすめの方法」は使えないので、以下の方法で確認する必要があります。

スポンサーリンク